2011年01月27日

自伝ドクター苫米地 〜ド・アップの力〜

今日も湘南は良いお天気に恵まれました。
昼間、窓から入る陽光近くにいると暖房なしでも温かい
ですね。明るい光に包まれて気分も軽くなります。

今日はお休みなので、布団干しています。
さきほど、花粉対策のシジュウム茶が届き、今年の春も
万全体制で乗り切るぞ!!と気合入れています(笑)
通販でまとめて3箱買いましたが、割引されていて
本当に助かりました。賞味期限も来年12月まで。
完璧です!!(笑)

これから図書館に出かける予定ですが、借りた本に
ついてコメントを…と思い、今パソコンに向かっています。

苫米地さんの本はほとんど貸出し中なのですが、先々週、
ついに借りることができました。
手にとると、思わず笑い(!!)ごめんなさい(笑)
表紙が苫米地さんの顔のド・アップで飾られていて、
表紙からしてインパクト大でした。

本を読んでみて改めて見ると、表紙のド・アップからは、
苫米地さんの真摯な姿勢、気迫、誠実さが感じられました。
「私はこのような半生を歩み、(何をどう感じてどう行動し)
今日に至っております。私の感じていること、考えている
ことを、皆さんに心から伝えたい!!」
という、シンプルですが、強い思いが伝わってきます。

本の中身は彼の非凡さに加え、日本人にはなかなかなじめない、
自画自賛的(欧米的?)表現も一部あり、正直鼻につく箇所
もありました。
私は女性ですが、男性ならなおさら、読んでいて嫉妬して
しまう場面もあるかもしれません。
もちろん、本当にスゴイので反論の余地はありませんが。

後半辺りから、日本を震撼させた大事件との絡みや、
ビジネスという名の弱肉強食戦争、これからの日本の通信
についても話が進んでいきます。

さらに読み進み、私がひかれたのは、もう「経済が自由競争、
(資本主義)である必要はなくなっている」という部分です。
過去、このブログでもご紹介したミヒャエル・エンデの
エンデの遺言」(NHKでエンデの遺言は放映後、話題に
のぼり再放送された
)にもある通り、「(無限に作り出せる)
お金は、(限りある)資源を食い尽くす」と苫米地さんも
本で述べています。

私たちは生まれた時から、お金を空気と同じように大事なもの、
なくてはならないもの、お金がなくなったら生きていけない
と学んできましたので、なかなかそのような話は飲み込み
にくいです。
どうして?と疑問に感じられる方には、やはりこの本を
読んで頂きたいです。

大体、お金=悪者という図式が絡む話には、陰謀説も登場
してきますが、苫米地さんの話には出てきません。
古代、人間が食物を奪い合ってきた歴史から、話は始まり
ます。
一度読んだだけでは、なかなか感じられないかもしれませんし、
そもそも人の価値観を変えるなどということは、そう簡単
にはいかないだろう、とも思います。
そのため、苫米地さんは、皆さんに話を訴えている一方で、
そうした洗脳に惑わされないため、次世代の教育が大事だ
とも述べています。

ちょっと文が長くなりましたが、最後の部分、私も強く
共感していますので、気持ちも入れさせて頂きました。


・・・    ・・・    ・・・    ・・・


思い出したのですが、一昨日だったか、NHKのクローズ・
アップ現代で、ガンの素晴らしい治療薬がすぐ目の前に
あるにもかかわらず、お金がなくて薬を止めざるを得ず、
その結果亡くなってしまった元患者さんとその家族が
とりあげられていました。
すぐ目の前に治療薬があるのに…すぐ目の前に食べ物が
あふれているのに…そんな思いをしてなくなっていった
人たちはここ日本にいるのです。


・・・    ・・・    ・・・    ・・・


結局、パソコンに夢中、時間をとても使ってしまい、今日は
図書館は無理、明日にしよう!!と思いました。
何かのひょうしに腕がぶつかって、本を床に落としてしまい、
拾い上げようと机の下を覗くと、なんと、本が立っていました。
しかも、苫米地さんの顔のド・アップがまっすぐこちらに
向いていて、あたかも「本を手にとり、今すぐ図書館へ行け」
と言っているよう(笑)
思わず苦笑!!もしかしたら、彼の本が借りられるかも(?)
なんて軽く思って図書館に急ぎ寄ってみることにしました。

検索機で調べると藤沢市内には、彼の本が54冊ほどあります。
そのうち借りられるのは…と見ていくと、1冊在庫がありました。
”ラッキー”早速本棚へ行き、本を探しましたがありません。
”はっ”と思い、返却棚を見ると、まさに今日の返却ほやほや
の本たちの中に混ざっていました。
間一髪!!…こんなことってあるのですね(笑)

posted by えこたん at 19:19| Comment(0) | 本・DVD・ドラマの感想・ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

生きる意味って? ネルケ無方さん

先日、本屋さんをぶらり、覗いてみました。
今話題となっていること、人々の関心事などがわかるので
面白いですよね。

FACE BOOKについての本を置き、目線を走らせて
いくと、ネルケ無方さんという、ドイツ人であり、日本の
寺の住職でもあるお坊さんの新書がありました。

引き寄せられて本を開いてみると、何か、昔から自分が捜し
求めていたことのヒントが詰まっているように感じました。
ネルケさん自身、自分とは何なのか、生きる意味、神への疑問
を感じており、やがて禅へと辿り着く過程は、夢中になって
読んでしまいました。
禅が宗教の壁を越えたものという考え方も面白いと思います。

また、ドイツ人ネルケさんが目の当たりにした、日本のお坊さんの
世界も語られます。お坊さんも人の子なんだな、と思って
しまいました。地球の裏からはるばるやってきたネルケさん
の衝撃と失望は本当に大きかったんだろうな、と思います。

どうしてこんなにネルケさんの言葉が心に響くのか?
日々節制し、苦行にもがき耐え、修行を積んだ、心身の体験から
にじみ出た、真の言葉だからなのでしょうね。

早速、ネットで調べてみますと、ネルケさんの記事がありました
ので、下記にリンクいたします。


(1)禅寺のドイツ人堂頭
   生きる意味を坐禅に求め修行する
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081104/109730/

(2)ドイツ人堂頭、自給自足の禅寺を継ぐ
   生かされる意味を説いていきたい
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081111/111549/



posted by えこたん at 22:09| Comment(0) | 本・DVD・ドラマの感想・ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

三崎・水仙クルーズ

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?
花粉のためのシジュウム茶を先々週ぐらいから飲み始めています。そのせいか、鼻のムズムズが
おさまってきたような気がします。

さて、お天気が続いていますが、つい先日三崎・水仙クルーズに行ってきました。
まずは、三崎の町散策に地元のボランティアガイドさんの案内で行きました。
印象的だったのは、1000年以上も昔から続く海南神社、境内には龍の横顔をした木があります。
また、レトロな雰囲気漂う町並みもタイムスリップしたようで面白かったです。

110122_1023~01.jpg

一通り、散策した後は、待ちに待った(?)ランチタイム!!
いろいろ魅力的ではありましたが、B1グランプリで5位入賞のマグロラーメンを食べてみました。
ついでにお店自慢のシューマイも(笑)

110122_1206~01.jpg

マグロラーメンは魚臭さがどうかな?と思いましたが、心配無用!!
とっても美味しかったです。マグロがトロンとしてやわらかかったです。

110122_1155~01.jpg

シューマイは豚肉とネギのみが使われています。とってもジューシーでとろけそうでした。
ジャンボサイズでしたよ。

それから午後は何と言っても、城ヶ島公園の水仙。
小ぶりの花でしたが、一面に咲き乱れる様子に圧倒されました。

110122_1317~01.jpg

110122_1317~02.jpg

ふわーっと花の香りが漂ってきました。松も良い感じですね。

110122_1326~01.jpg

ウミウ展望台

110122_1335~01.jpg

本当に天気の良い日でした。
風もほとんどなく、暖かい、というよりは、コートを着ていると少し汗ばむくらいでした。
これはクルーズ日和。期待できます。

買い物が終わってから、小さな観光船に乗りました。
2階のオープンデッキから青い海を見ました。
右手には入り組んだ陸地が見え、左手にはどこまでも続く海と太陽。
船が多く浮かんでいました。
見わたす限りの青い波間で、小さな手漕ぎ舟で1人繰り出し、網を引き上げている人がいました。
まるで、絵の中の風景のようでした。

途中、カモメにエサをみんなであげました。
だんだんとカモメ達は大胆になり、空中キャッチも上手になってきました。
近くで見ると、白くて美しい鳥だな、と思いました。

110122_1551~01.jpg

葉山に着く頃には、太陽はだいぶ傾き、美しい夕焼けになっていました。
江ノ島が水平線上に見え、いつもとは違うアングルに浮かび上がりました。

110122_1636~01.jpg

江ノ島わかりますか?

110122_1633~02.jpg

いつまでも眺めていたいですね。

110122_1641~01.jpg

葉山の釣り人。

110122_1641~02.jpg

こちらの船に乗りました。

110122_1643~01.jpg

夕焼け色に染まる…

今回のツアーは神奈川県・三浦市職員、民間旅行社、三崎地元ボランティアなどの方々の協力で
成り立っており、特に公務員の方々の必死のアピールが印象に残りました。
確かに三崎の町のシャッターが気になる部分でもありました。
私は知りませんでしたが、職員の方曰く、京急のお得切符でマグロ料理とコラボした割引も
あるそうですよ。気になる方は一度行ってみてください。


posted by えこたん at 22:50| Comment(0) | 写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

行ってきました!! コスモプラネタリウム渋谷 

110111_2121~01.jpg

新オープンとなった渋谷のプラネタリウムに行ってきました!!
かなり混んでいるとは噂できいていましたので、1/7は平日でありましたが、かなり余裕を持って
渋谷へ向かいました。着いたのは、11時ごろ。平日は13時からの投影でしたが、何となく場所
確認のため、文化総合センターへ向かいました。

そんなに混んでいる様子は感じられなかったものの、総合受付に確認してみると、早い人で朝
10時ごろから並ぶ人もいるとか。また、冬休みのせいか、今日もかなりの人が既に並んで
いますよ、とのこと。
”はっ”
その言葉をきき、急ぎ12階へ行ってみると本当に行列ができていました。
エレベーターホールに人がいっぱいになりかけたためか、早めに扉がオープンしましたが、
チケット売出し開始の12時まで辛抱強く待ちました。
やはり、親子連れや、お孫さん連れが多かったですよ。
また、普通のプラネタリウムではなく、特別番組として、HAYABUSA BACK TO THE EARTH 
帰還バージョン」を延長上映していたので、そのせいかもしれませんね。

13時。待ちに待った投影。
固定席と回転席があり、どちらも背もたれを倒せます。
回転席をとりましたが、このはやぶさの帰還バージョンの上映に関しては、固定席から見た方が、
楽だったようです。

CGによる映像でしたが、迫力ありました。
TVでは「日本から南米のてんとう虫へブーメランを飛ばし、目標のてんとう虫に命中させた後、
再びブーメランをキャッチする」と、はやぶさのプロジェクトを例えているのを聞きました。
全く想像もつかないスケールですが、今回はプラネタリウムで、わかりやすく、尚且つダイナ
ミックに視聴することができて、来てよかったなーと思いました。

東京〜大阪間を15秒で走り抜けるはやぶさ。
はやぶさを軌道通りに飛ばすためにものすごい技術、工夫、そして情熱が注がれたことが
伝わってきました。
7年越しのプロジェクトが成功に終わったこと、本当にホッと胸をなでおろすとともに、
誇りに思いました。

50分の上映でした。
椅子はふかふか、途中でいい気持ちになってしまいました。

さあ、お昼です。
プラネタリウムから渋谷駅方面に戻ろうと、坂を2、3分下ったところに、雰囲気の良さそうな
イタメシ屋を発見!!
テーブルには白布のテーブルクロス、来店のお客さんも満足そうです。
高そうなお店かな…と思ったものの、まだランチをやっているそうで、一安心。

1050円からリーズナブルなお値段で頂けます。
ランチの内容も面白く、Aランチ、Bランチ、Cランチ、A+B(ハーフ)ランチ、
B+C(ハーフ)ランチとあり、半々で一度で二度美味しいセットもあり!!
もちろん、一度で二度美味しいハーフのセットを頼みました。
あー、やはり東京は違う!!(なんて田舎者丸出しですが…)
チキン・カツレツのトマトソース、美味しさがギュッとつまって濃厚な美味しさ、チキンも柔らかく
ジューシー。またトマトソース仕立てのエビのパスタも濃厚な美味しさ、ぷりぷりのエビ。
バジルソースのパスタも、バジルの新鮮な香りがスーッと爽やかに食卓に広がり、幸せな気持ち
になりました。
生トマトがトッピングされていましたが、よく完熟した甘いトマトでした。
パンも美味しかったです。オリーブオイル付きでした。
あー、厳選された素材に、熟練の技…それがこのお値段で?!量も結構ありました。
ありそうでないよな、ちょっと感動しました。
飲食店激戦地ならではの、体験だったのかもしれませんね。
その他にサラダと飲み物が付いていました。

110111_2123~01.jpg


久しぶりの渋谷で、東横線改札出口付近に昔あったベルギーワッフルのスタンドがなくなって
いたのが残念でした!!今度渋谷に行ったら、絶対寄ろうと思っていたのですが…。
今は豆乳菓子のスタンドになっていました。
改札から出ると、甘い香りに誘われる虫のように、ベルギーワッフルの砂糖が焦げたような
なんとも言えない香りに吸い寄せられ、たちまち出来立てワッフルのとりこになったものでしたが…。
一つ100円くらいからあり、行列ができ、いくつも箱で買って行くお客さんもいましたね、
あー、どこへ行ってしまったのか(涙)
周辺に尋ねてみましたが、ベルギーワッフル?知らんな。とのこと。
あー、人の記憶は儚いものですね。
本場ベルギーへ再び修行に行かれたのでしょうか???
また帰ってきてほしいものです。












posted by えこたん at 22:42| Comment(0) | 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

ジョンレノンは誰に殺された?

年末年始BS放送で興味深い番組がありました。
ジョンレノンの殺害に関し、独自に20年調査しているある男性の話を元にその番組は
作られていました。この番組を見るまでは詳しいことはあまりよく知りませんでしたが、
点と点がつながり線になるということは、こういうことか、と思いました。

その中でも一番衝撃だったのは、先日ブログで紹介した、「CIA洗脳実験室 父は人体実験
の犠牲になった
」に出てきた洗脳プログラムおよび洗脳実験の名前が番組に出てきたことでした。
犯人の尋問を行った人物の証言や、犯人の犯行後の奇妙な行動を追っていくうちに、恐らく犯人は洗脳され
殺人犯として操り人形にされたのでは?とTVを見て感じていましたが、やっぱりそうか…と思いました。

全く恐ろしいことですね。
本人は洗脳されたと気がつかずに、他人の意のまま、殺人さえ犯してしまうのですから。
逆の見方をすれば、洗脳で殺人ロボットに人間を仕立て上げることができるということです。

世界中(日本でも)背後に同じ匂いがするような事件がたくさん起きていますね。

洗脳されない方法ってあるのでしょうか?


posted by えこたん at 22:35| Comment(0) | 気になる話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶれる獅子舞

110103_1212~02.jpg

年末年始いかがお過ごしでしたか?
私は31日に仕事納め、3日に仕事初めでした。
普通の土日休みと変わらなかったです。
人のいないガランとしたオフィスは不気味な静けさでしたよ(笑)

ところで3日、昼休みクイーンズタワーに中華街から獅子舞が来て楽しいパフォーマンスを
見せてくれました。周りの打楽器がさらに彼らを盛り上げていました。
日本の獅子舞とは違い、きらびやか。写真は金色に白いふわふわの毛がしましまに生えた
獅子ですが、もう一頭緑色の獅子も来ていました。
白いふわふわの眉毛が動いたり、白いふわふわのシッポが揺れる様子が、とっても可愛らしかったです。
子供達のことがとっても大好きな獅子達でした。

ただ、動きが激しいので写真に撮るのは一苦労。
やっと撮った写真がこれですよ!!
顔がぶれていますが、お許しを(笑)






posted by えこたん at 22:04| Comment(0) | 写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シルバー×ピンクでキラキラ

101231_0114~01.jpg

ピカピカジェルをしてみました。
ラメとホログラムのでこぼこを防ぐため、クリアジェルをしっかりと塗りました。
でこぼこしてると、髪に引っかかったり、ストッキングを伝線させたり大変なんですよね。










posted by えこたん at 21:51| Comment(0) | ネイルの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。