2011年10月29日

木々の甘い香り

今日も良い天気に恵まれました。
久しぶりに森林浴をする機会がありました。

111028_1526~01.jpg

111028_1528~01.jpg


これは相鉄二俣川駅から徒歩20分くらいの所にある
今川公園です。この辺の地形は山あり谷ありで坂道が
多いことは承知していましたが、途中あまりの急な
坂道には驚いてしまいました。見上げると、季節
はずれの桜が咲いていました。

公園はグラウンドやテニスコートもあるのですが、
木々が生い茂っているあたりは、ひっそりと静まり返り、
木漏れ日の美しい道がありました。
一瞬、井の頭公園を思い出してしまいました。
すると、微かに甘い香りが漂ってきました。この季節に
なると森林では、香るのです。香りの元となるのは、
どうやら丸っこいハート型の葉を持つ木からのよう
なのですが…詳しくはわかりません。
井の頭公園でも、新宿御苑でも、どこの公園でも、
秋口になるとこの甘い香りが漂い、この木から香りが
出ているようなのです。

久しぶりの森林浴にホッとしました。
去年はそんな余裕がなかったなぁ…
しみじみ思い出してしまいました。





posted by えこたん at 00:33| Comment(0) | 写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

客観視、客観笑

NHK昼間の番組で「虫」を使った表現を
紹介していました。

腹の虫がおさまらない
虫が好かない
虫の居所が悪い
○○虫が騒ぎ出す…などなど。

何か都合良く虫のせいにしてしまうところが、
笑いを誘い、日本人独特の表現に親しみを
感じました。と同時に、自分のことを「何か
悪い虫がついた!!」と笑い飛ばせるのは、
自分を冷静に客観視できる、ということだと
気がつきました。

感情や貪欲に溺れる…というのは、仏教でも
最大の戒めの一つかと思いますが、日本人は
この「虫」という表現を使って、本来の自分とは
違う、何か見えない異質なもの、を鋭く感じ
取っていたのですね。そして時には、その見えない
悪い気を笑い除けていた、というのは今さらながら、
スゴイことだと思ってしまいます。

しかし、そうした行為が人間共通か?と言うと
そうでもないようです。聞いた話ですが、外国人は
TVで鑑定団が予想外の低い値段を出したときに、
日本人が怒らずに笑い飛ばすのが理解できないそうです。
瞬時に自分を客観視することができ、思い込みを笑って
解放することができる、精神の柔らかさは、実はスゴイ
ことなのですね。

いろいろな笑いがあると思いますが、笑うというのは、
「人間であるからこそ」ですね。
アイクが言う爬虫類人間の目は冷たく、笑顔を作って
いても、目が笑っていないことに気づきゾッとしました…


posted by えこたん at 20:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

きれいな夕焼けでした

今日は午後から良い天気となり、
予定通り夕方ジョギングへ行って
きました。
走り始めが一番ツライですが、
少しずつ慣れてきました。
サイクリングロード沿いの
黄色いコスモスが満開となり
ました。

折り返し地点を過ぎ、公園の
グラウンド内は4:30には
閉まってしまうので、そのまま
グラウンドを大回りしました。

今日の夕焼けはきれいでした。
オレンジ色に空は染まり、
太陽から遠ざかるにつれ、
雲は紫をおびたピンク色に
変わり、空の色もグラデーション
になってきます。
陽の沈む方角へ細くて真っ白
な飛行機雲が伸び、どんな
気分でパイロットは飛んでいる
のかな、と思いました。
車も人もほとんどいない、
さえぎるものもない景色に
見とれながら、走りました。

水辺も素晴らしい景色でした。
オレンジ色に染まる空をバックに
深緑色の木々と真っ白なコサギ
が静かな水辺に映り、色の
マジックに心がなごみました。

あー…、最近は携帯を持って
いないのです。ポケットに入れる
とかさばりますしね。
それにしても、思わず、あー…
写真撮りたかったな、と。

街中に帰ってきても、まだ
夕焼けの名残がありました。
だいぶ紫がかってはいましたが、
木々の枝が繊細な影絵のように
空に映えて、なかなかキレイ
だなと思いました。

陽が沈むと急に冷んやりしますね。
湿度も低いせいか、汗をかいても
サラッとしています。
スポーツには最適な季節ですね。




posted by えこたん at 23:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

ムーンマトリックスを読んで

以下:
ムーンマトリックス 覚醒篇@より引用


…ところで、こうして「私」という言葉を使って
いるが、実は「私」ではない。正確には
「デーヴィッド・アイク」という名前の付いた
「体験」なのである。


引用 以上


この本をやっと本屋さんで見つけ、購入したのが
先月29日、そしてもうすぐ読み終わるところです。

この本のあちこちで、過去に自分の身に起きた事を
思い出しました。それらは不思議で説明ができない
どれも小さな事ことでしたが、自分の経験を大切に
しようと思います。以前は、そのような出来事を
人と共有したいと思ったり、人と共有することで自分
が安心したいという気持ちがあったのですが、実際、
それらは人に話すべきではない、と思いました。
アイクの話を読み進めるにつれ、この見える世界だけ
が唯一の世界と捉えている限り、この世界が全てでは
ないという気づきのきっかけになりうる貴重な経験も、
夢だった、勘違いだった、の一言で片付けられ、この
物質世界の中に意識は埋没していき、意識変容へと
つながる自分自身を問うチャンスをもとり逃してしまう
のかもしれない、と思いました。

冒頭に挙げたように、この世の人間が元は一つの巨大な
意識から生まれ出た、ばらばらに切り離された小さな
それぞれ一つ一つの経験の乗り物とするなら、人が人に
対して批判したり、標準外の人間に対する思想警察的
な役割になるなどと、本当にナンセンスで、アイクの
言う通りだと感じました。一人一人が根源意識とまず
つながり、一人一人が違う存在と認め合い、それぞれが
経験することを尊重し合うとなれば、愛に満ちた平和な
世界になるのでしょう。

また、固定観念、エネルギーの高密度化・石頭に関する
話も非常に鋭い指摘だと感じました。冷凍の振動という
表現もされています。
マインドにおいても不安や怒り、悲しみなどがたまると、
胸の辺りに石のようなしこりができ、本当に痛くなります
よね…。以前はこのカチカチに固まって冷え冷えとした
状態が続き、チャクラの存在など全くわかりませんでした。
それがホメオパシーのあるレメディを飲んだところ、胸の
真中に燃えそうな、ものすごい熱を感じ、このままどう
なってしまうのだろう、となすがまま横たわっていると
その熱が一気に胸の中心から放出され、体の四方八方に
飛び散っていきました。それはチャクラのフタが
開いたということ?…と思ったのですが、それまでの
自身の意識や思いを変えない限り、また元に戻ってしまう
のかもしれません。なぜか最近は、自分を振り返り他者様に
感謝することが多くなってきたせいかもしれませんが、
胸の真中のスポットの中で熱がグルグルと渦を巻いている
ような感覚が芽生えてきて、そうなった時の体の軽さ
と温かさ、心の穏やかさ、ウキウキするような明るい
気持ちを感じる事が多くなりました。自身がイラついたり、
不満を感じる時は、原点に戻り、なぜ自分が今ここに
こうしていられるのか、に気持ちを集中させると、感謝
の気持ちが湧き上がってきて、チャクラが熱くグルグルと
渦を巻いてくるのがわかります。穏やかに心が落ち着くと、
心が乱れたのは、自分の思い上がりだったのだ、とわかります。
このことは、この本を購入する少し前ほどから始まり、
この本と平行して自分自身の観察が深まりました。
この本をただの読み物として、サラッと読みたくなかった
のは、この点にありました。アイクは探し回ることはない。
自身が全知全能の根源意識なのだ、と述べていますが、
(知っていたような気がする)忘れていた「何か」を
取り戻すきっかけやヒント、トリガーにこの本がなるかも
しれません。アイクの言葉で思い出した神秘的な出来事
一つ一つを思い出し、自身の経験とアイクの言葉を
照らし合せることにより、さらなる気づきができればと
思います。
さらに、個人の経験にとどまらず、アイクの言葉と
世の中の仕組みを照らし合わせても、彼が本当のことを
言っていることがわかると思います。



一つ、この本を読み進める上で、より良いヒントに
なるものを見つけました。
根源意識へとつながっていくには、「右脳の解放」
が必要だとアイクは述べています。
事前にこの動画にたどり着いていたのは、偶然では
なさそうです。

ジル・ボルト・テイラー「脳卒中体験を語る」1/2
http://www.youtube.com/watch?v=ldSoKfFYKqM&feature=player_embedded

ジル・ボルト・テイラー「脳卒中体験を語る」2/2
http://www.youtube.com/watch?v=qd1hvCHnMX0&feature=related

自ら脳卒中となってしまった脳科学者さんで、
彼女は左脳に出血があり、右脳のみの貴重な体験を
語ってくれます。(日本語字幕あり)



posted by えこたん at 20:24| Comment(0) | 本・DVD・ドラマの感想・ご紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

コスモス

ここ数日は秋晴れで気持ちよいですね。
日中は暑いくらいですが。
今日もジョギングしました。
暑さを避けて夕方からにしました。
コスモスが咲いていました。



111006_1438~01.jpg

これは先日グラウンドに咲いていたコスモス。

111006_1441~01.jpg

この日は前日の夜雨が降ったせいで、ビオトープの水量が増えています。
水面の輝きがきれいでした。

111006_1441~02.jpg

葉の表面が一枚一枚つやつやに光っていました。
生命が満ち溢れている感じですね。






posted by えこたん at 22:49| Comment(0) | 写真館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。