2009年08月22日

石鹸シャンプー&リンス 

化学物質は子宮へたまるでシャンプーのことを書きましたが、後日談です。
あれから化学物質のなるたけ入っていないシャンプーのことを調べ、地元の
ハックが取り扱っていたシャンプー&リンスを使うことに決めました。

090822_2120~01.jpg

石鹸シャンプーは泡が立ちにくく、髪がキシキシすると聞いていましたが、
まさにその通り。
しかし、このシャンプーはポンプから泡状(ムース状)で出てくるので、
比較的ラクに洗えました。
洗い上がりはキシキシするので、リンスをつけすすぎます。指どおりが
良くなります。リンス自体は微かに酢の匂いがしますが、仕上がりに
問題はありません。

気になる成分は下記の通り。


090822_2121~01.jpg
シャンプーです。


090822_2121~02.jpg
リンスです。

今まで化学物質たっぷりのシャンプーを使ってきましたから、地肌や
頭髪の状態も変わってくるのかもしれませんね。
また、レポートします。




 
posted by えこたん at 22:41| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

電磁波は危険?! 2

私たちの身近にある電磁波と言えば、家電です。

ノート・パソコンに向き合う時間が大幅に増えましたので気になっていました。
そこで、パソコン・メーカーのヒュー○ットパッカードへ電磁波の放出量の
問い合わせをしました。即答できるような質問ではないと考えたので、「人体へ
の影響などが不安です。どんなに時間がかかっても構いませんので誠意ある回答を
お願いします」と伝えました。1時間もしないうちに、担当者から電話がかかって
き、早すぎる展開に驚きながらも頂いた回答は次の通り。

「電磁波に関する資料はありません。VCCIの基準は満たしていますので、
そちらはネットで調べてください」

これが、メーカーの答えです。

(なに?VCCIって?)

人体への影響が無関係とは言えない電磁波について資料がないとは
どういうこと?!なのでしょう。
担当者に質問しても時間の無駄でした。
自分で調べるしかありません。


VCCIとは
コンピュータなどの情報機器が発する電波の規制内容を協議する業界団体。また、
同協議会によって定められた、電子機器から発生する妨害電波に関する規格。協議会
には大手電機メーカーなどが参加している。商工業地域で使用される機器について
定めた第1種と、住宅地域で使用される機器について定めた第2種があり、第2種の
方が基準が厳しい。

早い話が、他機器への誤作動・影響を与えないように、不要電磁波の放出基準を
VCCIが設けており、その基準を満たしていると、ヒューレット○ッカードは
言いたかったようである。
しかしながら、肝心なその基準がどのくらいの数値なのか、さっぱり検討がつかない。
それにその基準は他機器へのものであって、人体に対する安全基準でないことは
確かだ。

このような回答であったので、メーカーはあてにせず、自分で調べることにしました。



電磁波の防御装置メーカーの映像を下記リンクします。
とても解りやすい説明と映像です。大変参考になります。

「デスクトップパソコンの電磁波(電場・磁場)対策」
http://www.youtube.com/watch?v=04Niw0DcfHY&feature=player_embedded


デスクトップパソコンからの磁場…
パソコン本体から7〜10MG。
40〜50センチ離すと2.5M。体からできるだけ離すのが良い。。
デスクトップパソコン使用現場での人体の電場…
50V/M(ボルトパーメートル)以下は○。
アースをとらずパソコンに触れた場合約800V/M。

「ノートパソコンの電磁波(電場)対策」
http://www.youtube.com/watch?v=2k0uAMx8p-Y&feature=player_embedded


内蔵バッテリーだけで稼動する場合は電場・電磁波は発生しない。
アースをとらずアダプターを使うことにより電磁場が発生する。
パソコンにふれた人体には約600〜700V/M。
(周りの環境により差が生じる) 



電場と磁場の関係
電磁波は、電気と磁気の2つの性質を持っています。電気の影響が及ぶ範囲を「
電場」、磁気の影響がおよぶ範囲を「磁場」といいます。電場はボルト、磁場は
ガウスで表記されます。この電場と磁場がお互いに影響しあって、電磁波の「波」
がつくられています。
人間の体というものは、電磁場の中にいるとアンテナの役割を果たします。その
時、電場と磁場では、異なった作用をします。
人間の体は、空気よりも導電率が高いため、電場の方は、皮膚の表面に電流を走
らせます。一方、磁場の方は、人体と空気の透磁率が同じくらいであるため、体
の中に入ってしまいます。それぞれ、働きかけは違いますが、双方とも人体に流
れている電気(気の流れ)を乱す可能性があり、この2つの極性が健康被害、健康
障害の元になっていると言われています。

磁界の単位
磁界の大きさ、つまり磁束密度を表すときは国際基準単位としてテスラ(T)を
用いる。しかし、多くの資料がガウス(G)、ミリガウス(mG)を使用している
事が多いので、テスラとガウスの単位を換算しなおす必要がある。

1G     (ガウス)= 1000mG
1T     (テスラ)= 10000G
1μT(マイクロステラ)= 10mG=0.01G

電界・磁界の単位電界の単位
電界の大きさ,つまり電界強度を表すときはキロボルト パー メートル(kV/m),
ボルト パー センチメートル(V/cm)を用いる。

1KV/m = 10V/cm



もう一つ身近なもの…といえば、携帯電話です。

ケータイ電磁波に関しての各国の対応
http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/answer/coutry_betu.html


電磁波なび
http://www.denjiha-navi.com/index.html


どの程度の電磁波で危険か その2
http://www.mukugi.com/kinomi39.htm

電磁波の人体への影響に関する研究がもっとも進んでいるスウェーデンの「VD
T(パソコンやテレビなどのモニター)規制」では、磁場に関して「画面から30
センチで2mG(ミリガウス:磁場の単位)以下」と定められ、同国では送電線
近くの保育園、小学校は2mGを基準に移転が始まっている。


携帯電話の電磁波(SAR値)一覧表
http://ktai-denjiha.boo.jp/sar/sar_ichiran.html#willcom


自分の携帯を調べてみよう!!
携帯会社にSAR値を問い合わせ、逆にSAR値って何ですか?と
逆質問されたって笑えない話ですね〜。
今度携帯を買い換える時は、電磁波のことも考えよう!!!
日本の基準は各国と比べて高いなあ!!

携帯電話で脳腫瘍?!


過去記事です。


また、意外と盲点だったのが、ヘア・ドライヤー
そういえば、頭に近づけて髪を乾かしてる!!!!



今現在私が使っているドライヤー・メーカーに電磁波放出量の問い合わせを
したところ、丁寧な回答を頂きました。

「ヘアードライヤーから10cm離れた場所で全5箇所(口先・後方・両
側面2箇所・天面)の数値を測定して、平均値を算出しております。
平均値で1.275マイクロテスラです。」←12.75MG


低電磁波ドライヤー
http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=24523


ご参考までに。こんな商品があるのですね。


その他にも、家電で高めな数値のものはIHクッキングや電気毛布、電気カーペット
などと言われています。
東京電力のHPに身近な家電の電磁波数値がありますので参考になります。

家の中の電磁波はどれくらい?
http://www.tepco.co.jp/ps-engineering/denjikai/den03-j.html

東京ガスでガスパッチョ〜IHヒーターの隠された危険性!
http://blog.goo.ne.jp/akatuki-design/e/806c7069ddc9f588990131efc5a30017


最後に…私の読んでいた本にはこうありました。

「ジョン・ナッシュ・オットの実験。(1960年代)
テレビから漏れる放射線の植物への多大なる影響。
テレビから漏れる放射線のネズミへの影響。
ネズミは攻撃的になり→無気力になり→最後には動けなくなった。
ガン患者15人にテレビなどの電子機器をまったく利用せず、室内照明もさけて
毎日外に出て日光を浴びる生活をしてもらったところ、14人のガン進行がとまった。

現代テレビから出る電磁波は改良された。が、携帯・パソコンは極めて至近距離で
長時間利用する人々が急増している。

電磁波に長時間さらされると攻撃的(切れやすく)なり、無気力(引きこもりがち)
となり、病気になるということは今から40年前にネズミによる実験でわかっていた。
電磁波は2MG以上の場合に悪影響があるとされている。」



また、過去記事ご覧ください↓

電磁波は危険?! 1
電子レンジで調理は危険?!




posted by えこたん at 22:40| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

中国、食のウラ (仰天!!)

つい先日ネットで「博士も知らないニッポンのウラ」(水道橋博士と
宮崎哲弥出演)の中国のウラ編を見ました。ゲストは富坂聰氏です。

なかでも強烈だったのは、中国の食の話でした。
養殖魚のホルモン剤使用、稚魚が短期間に成魚となるのですが、そのせいで
4才の女の子が初潮を迎えたり、6才の男の子にヒゲがぼうぼう生えて
きたりしているそうです。
また地方の話だそうですが、ラーメン店にわざわざ「下水の油は使って
いません」と書いてあったり、牛乳に尿を混ぜたり、鮮魚をホルマリン漬け
にしたり…。
ダンボール肉まんの話などもこのネットTVでは出てきますが、毒入り
餃子は起こるべくして起こったのか?…と思わずにはいられません。

富坂聰氏いわく、「中国で一番あぶないのは酒と漢方薬」。
宮崎哲弥氏は、以前中華レストランに行った時、中国人の知人が上海ガニ
に一切ハシをつけなかった(彼はどのように上海ガニが育てられているか
知っていたんだ!(爆笑))とエピソードを語る。
その他、ザリガニやエビの話も出てきます…

富坂聰氏の著書「中国ニセ食品のカラクリ」が番組内でも紹介されており、
本屋で見てみようと思いましたが、在庫なし。
最寄の図書館にも置いてありませんでしたが、さいわい横浜市内の図書館で
取り寄せができるようです。

知らないってコワイ!!
自分の身は自分で守るしかない!!
(電子レンジや電磁波ではありませんが…)

以下、動画リンクです。

http://video.google.com/videoplay?docid=5118463665057155398&hl=ja


・・・   ・・・   ・・・   ・・・


別話ですが、以前小堺一機のごきげんよう(お昼の番組でサイコロを
転がし、テーマを決めてゲストが面白おかしく話をする)で、ゲストは
忘れましたが、中国に撮影しに行って打ち上げをした時の話を思い出し
ました。

ごちそうをたらふく食べて、お酒を飲んで…のにぎやかな打ち上げ。
翌日、食中毒が発生し、大変な騒ぎになった。しかし、被害者はなぜか
タクシーの運転手さん1人。
ゲストいわく、撮影現場でのトイレは川だったそうで、その川の魚が料理
として出されていた(!!)が、強いお酒を飲んだ人たちはアルコール殺菌されたので
無事だったのではないか?!という強烈な話でした。
(運転手さんはお酒を飲まなかったそうです)

笑うに笑えない(でも笑ってしまいましたが)不幸中の幸い話?!
中国の地方の話だそうです。








posted by えこたん at 21:09| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電磁波は危険?! 1

前回の電子レンジの危険話に引き続き、普段生活する上での電磁波の影響については
どうなのか…?疑問がわいてきました。


国際機関は電磁波の放出量1000mG(ミリガウス)以下を安全基準にしており、日本も
それに追従していくようです。
電磁波の危険性については、それを実証する結果も出ていますが、必ずしも
その危険性と直結するとは言えないという大きな声に押された結果でしょう。

しかし、「危険性が明確ではないので基準も厳しくする必要はない」とするのではなく、
「安全性に確信が持てない現在、電磁波の基準は低くし厳しく取り締まる必要がある」
というのがあるべき姿勢なのではないか、と思います。

では実際、悪影響があるとされる電磁波の放出量は…というと2mG(ミリガウス)以上
と言われています。(国際機関の基準の1/500です!!!)

電磁波の人体への影響に関する研究がもっとも進んでいるスウェーデンの「VDT(パソコン
やテレビなどのモニター)規制」では、磁場に関して「画面から30センチで2mG
(ミリガウス:磁場の単位)以下」と定められ、同国では送電線近くの保育園、小学校は
2mGを基準に移転が始まっている、とのことです。


※いろいろな意見があると思いますが、ご自身で判断して頂きたいと思います。



・・・    ・・・    ・・・    ・・・



関連リンクを下記にご紹介します。



北鎌倉・鎌倉の携帯基地局乱立による複合電磁波汚染の改善を目指すブログ
http://ameblo.jp/kitakamakurakeitaing/entry-10250521396.html

↑WHO(世界保健機関)では「平均0.3〜0.4マイクロテスラ(3〜4ミリガウス)以上の
低周波磁界の環境では、小児白血病の発症が2倍ほど増える」という研究を支持、各国
に対策を勧告(2007年6)それに対し、2009年、日本の審議会は、元WHO職員だった
大久保千代次氏を筆頭に、1000ミリガウスまで安全という規制値を作ろうとしている。

…カリフォルニア州のアーバイン市には、4ミリガウス以上の土地に住宅や公共施設を
作ってはいけないという条例があるそうです。

…イスラエル政府はすでに、IARCが送電線や家電などからの電磁波(極低周波磁場)
に発ガンの可能性があると発表した時点で?首相官邸を大騒ぎして調査し、2ミリガウス
以上の部屋をすべて閉鎖したり改善した、という記事があります。また、携帯電話の
充電器から1000ミリガウス測定されたので、2ミリガウス以下となる50cm以上の距離
をとるよう、政府が国民に警告を出しています。
(上記ブログより抜粋・引用)


子ども環境問題:第5回「胎児・子どもの電磁波感受性」
http://www.babycom.gr.jp/eco/kodomo/s5.html


電磁波について医学博士のコメント。妊婦さんへのアドバイスもあり。


住宅環境が危ない!〜 しのびよる電磁波汚染の恐怖
http://www21.ocn.ne.jp/~furumoto/home.html


カイザー終身研究機関(米国カリフォルニア州オークランド)のDe-Kun Li博士の疫学調査で
妊娠10周未満の妊婦969人を対象に、24時間EDMX計測器を装着してもらい電磁波の
被曝レベルを計測したところ、「最大値1.6マイクロテスラ(16ミリガウス)以上の被曝」をした
妊婦とそうでない妊婦とでは流産の数が3倍、そして妊娠初期(第10週目未満)における流産を
対象にすると、その比は6倍になり、これらはすべて統計的に有意であることが示されました。
この16ミリガウス以上の被曝は時間とは関係なく、短時間でも習慣的に繰り返す事を
意味しています。

…日本のように、狭い土地に人口が密集し、電力使用量や携帯電話の普及台数が世界でも
高率の国では、所構わず高圧線鉄塔や電波中継塔が乱立しています。
高圧線や電波塔の真下や周辺に民家が密集したりするのは日本だけです。

…(IH調理について)暮らしの手帳は、最後に「50ヘルツから1万6千ヘルツの電磁波が、
調理中に発生しており電磁波の強さは、立つ位置や置き方でかわる。人の健康やペース
メーカーなどの医療器具への懸念が取りざたされている現在、あえて電磁波の発生する道具
を台所に持ち込む必要はない」と締めくくっている。まさにその通りです。

…IHクッキングヒーターの説明書には0.1とか0.4のように電磁波強度を表示しているようですが、
この単位はG(ガウス)であり、mG(ミリガウス)ではありません。ミリガウスに換算するには
1000倍しますので、0.1は100ミリガウス、0.4は400ミリガウスとなります。
更に この強度は中心部からどの程度離れた場合の強度なのかも表示する必要があります。

<電力会社に測定を依頼する場合の注意点>
電力会社が所有する測定器には国産の単軸センサー内蔵機種と米国製の三軸センサー内蔵
機種が有りますが、国産の単軸センサー内蔵機種は測定値が低く検出されるので(50%程度)、
米国製の三軸センサー内蔵機種(EMDEX-II)での測定を依頼して下さい。但しEMDEX-IIの計測
単位はμT(マイクロテスラ)ですので、mG(ミリガウス)に換算する場合には計測された数値
を10倍して下さい。例えば数値が0.5の場合には5mGとなりますので注意して下さい。
(上記HPより抜粋・引用)


東京電力の無料電磁波測定
http://www.tepco.co.jp/ps-engineering/denjikai/den11-j.html


東京電力は「世界保健機構(WHO)が長期的影響について科学的証拠は因果関係と
見なせるほど強いものではない、つまり電磁波原因説の証拠はいまだに不十分と
結論づけています」 → 「へー、それじゃあ、あんまり心配することはなさそうね」
とでんこちゃんに言わせてます。

東京電力は「電力設備や家電製品からの電磁波について、 国際的ガイドライン値(=100マイクロテスラ
=1000mG)をを十分下まわるレベルであること、また自ら行った実験により有害な影響が
ないことを確認していることから、人の健康に有害な影響を及ぼすことはない」と判断しているとのこと。



環境科学解説【電磁波の人体への影響】
http://www.nies.go.jp/escience/denjiha/p2/p2.html


日本では1997年に、旧郵政省所管の不要電波対策協議会が、1ワット以下の携帯電話の場合
、安全率を大きく見込んで、22cm以上は離すようにという指針を定めています。


WHOも認めた!電磁波が小児白血病発生に影響
http://saveyourlife.livedoor.biz/archives/50852029.html


ケータイ電磁波に関しての各国の対応
http://ktai-denjiha.boo.jp/faq/answer/coutry_betu.html


中継基地局からの電磁波規制 高周波の規制値について(国際比較)
日本は飛びぬけて数値が高い。

…欧米では、電磁波問題は「21世紀の公害」と呼ばれる。
フランス政府は最近「16歳未満の子供は携帯電話をなるべく使わないように、親が子供
に注意すべきだ。またイヤホンを使うことで携帯電話を頭部に密着させるのを防ぐように。
そしてその際も妊産婦は携帯電話本体を腹部から話すように」という旨の勧告を出しました。
(上記HPより抜粋・引用)


※磁界の単位
磁界の大きさ、つまり磁束密度を表すときは国際基準単位としてテスラ(T)を
用いる。しかし、多くの資料がガウス(G)、ミリガウス(mG)を使用している
事が多いので、テスラとガウスの単位を換算しなおす必要がある。

1G     (ガウス)= 1000mG(ミリガウス)
1T     (テスラ)= 10000G
1μT(マイクロステラ)= 10mG=0.01G

※電界の単位
電界の大きさ,つまり電界強度を表すときはキロボルト パー メートル(kV/m),
ボルト パー センチメートル(V/cm)を用いる。

1KV/m = 10V/cm


・・・   ・・・   ・・・   ・・・



それにしてもコワイな…というのが、正直なところ。
電磁波からは逃げられないですが、少しでも害が及ばないよう気をつけるに
こしたことはありません。
それには、まず知ることからですね。

東京電力に無料測定を依頼しようかと思っていたところ、上記HPを見つけ、
測定器の情報を得ることができたことは、本当にラッキーです。

鉄塔から数百メートルのところに自宅がありますから気になります。
もちろん鉄塔のすぐ周りにも住宅があります。子供たちもそのそばで遊んでいます。

また、あるHPでは鉄塔うんぬんよりも家庭内での電磁波の方が深刻だという意見も
ありました。電化製品から高い数値が出るとのことです。

次回はその辺りについてブログを書きます。


※実は過去記事に携帯電話の電磁波影響について書いていました。
よろしかったら、ご覧ください。

posted by えこたん at 16:53| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

電子レンジで調理は危険?!

ある本を読んでいて電子レンジの危険性のことが書いてありました。
現代の私たちの生活に電子レンジは欠かせないものとなっています。

「いまさら何を…?!」

という感じが否めませんが、みなさんに一読して頂き、あとはご自身で判断して
頂きたいと思います。



電子レンジが販売された初期の頃、本体から漏れ出る電磁波の影響で白内障などに
なる人々が急増したが、今現在では改良がなされ、ほとんど電磁波の漏れは
なくなったとされている。しかしそれでも2メートルは本体から離れるべき、
また本体の側面・背面が最も電磁波の漏れが大きい、と危険を指摘する声がある。
(ん〜、これは実際に電磁波を計るしかないのかな…電磁波測定器のレンタルが
あります。対策としては稼動中は離れる、これにこしたことはなさそうです。
また、メーカーに問い合わせするというのも方法かもしれません。
別話ですが私はつい最近、パソコンメーカーに電磁波の放出量について問い合わせ
をしましたが、「資料はありませんが、VCCIの基準を満たしています。パソコンで
VCCIとは?と検索すると出てきますからご自分で調べてください。」
と、なんともご親切な回答を頂きました。→別記事を書きます)

   ↓

しかし、私がさらに深刻性を感じたのは、電子レンジで加熱調理された食品の安全性です。
   
   ↓

●1989年ミネソタ大学グループによる警告
「哺乳瓶の温め
  @赤ちゃんにやけどを負わせる危険性
  Aミルクそのものの変質。
   母乳の場合、保護成分破壊の可能性」

●1991年オクラホマ州
「電子レンジで温めた血液の輸血で女性が死亡」


●ロシア、ベラルーシの無線技術研究所の結論
  @電子レンジで調理された肉は発がん性物質として有名なd−ニトロソジサノラミン
   を生み出した。
  A電子レンジで牛乳と穀物を調理すると発ガン性を持ったアミノ酸を作り出した。
  Bマイクロ波の放射はグルコシドとガラクトシド(解凍された際の冷凍フルーツ
   内の成分)の分解作用に変化を引き起こす。
  C生、調理済み、あるいは冷凍野菜がわずかな時間曝されるだけでも、マイクロ
   波は植物塩基(アルカロイド)の分解作用を変えた。
  D生の根菜などに含まれる特定の微量ミネラルの分子構造内で、発がん性の
   遊離基が形成された。
  E電子レンジで調理された食物の摂取により、血液中により多くの発がん性細胞
   が生み出された。
  F食物成分中の科学的変質が理由で、ガンの成長に対抗しようとする自らの
   免疫システムが衰え、リンパ系で機能障害を起こした。
  G電子レンジで調理された食物の不安定な分解代謝は、基本的な食物成分を
   変質させ、消化器系の障害をもたらした。
  H電子レンジで調理した食物を摂取する人は、統計的に高い胃がん・腸ガン
   の発生率を示し、さらに消化・排泄機能がゆるやかに低下して抹消細胞組織が
   破壊されていく傾向が見られた。
  Iマイクロ波の放射は次のすべての食物の栄養価を著しく落とした。
   ・ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、必須ミネラル、向脂肪性栄養物の
    生物学的利用性の減少。
   ・肉に含まれる核たんぱく質の栄養価の破壊。
   ・アルカロイド、グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシド(フルーツと野菜に
    含まれる基本的な植物成分)の代謝の低下。
   ・すべての食物において構造的破壊の加速が顕著に見られた。

●(以上の研究結果から)ロシアでは1976年に電子レンジの使用が禁止された。
 しかしその後ペレストロイカによりこの禁は解かれ、現在ではロシアでも電子レンジ
 の使用は認められている。その根拠は不明である。

●ハンス・ハーツェル(ヘルテル)とバーナード・H・ブランクの実験結果
 電子レンジで調理された食物の成分変化、それを食した人間の血液に害を与える。
 (ヘモグロビン、コレステロール値、白血球の変化)

 ハンス・ハーツェル(ヘルテル)氏とは…
 スイスの大手食品会社に勤務していた科学者。自分の勤める会社が加工の過程で
 食品を変質させてしまっているのに気づき、強い責任を感じた彼は上司に報告。
 そして解雇された。

 あらゆる自然物質の中でエネルギーに最も敏感に反応するのが水分中の酵素である。
 電子レンジはこの性質を利用したもので、その熱はマイクロ波をあてることで、
 水分子中で起こる激しい摩擦により生み出される。そのマイクロ波の放射により
 食物の分子を破壊・変質させ、自然界には存在しない複合物質(放射性分解による
 複合物質)を生み出す。
 

ハーツェル(ヘルテル)とブランクの苦難
 このような発表は利権に関わる人たちにとっては面白くない。裁判所は両者に
 罰金又は懲役をかし、研究結果を主張することを禁じた。しかしその5年後
 1998年8月に緘口令は「自由の表現に反する」?!という理由で撤回された。

 他にも電子レンジの有害性を研究した人たちがい、安全性を疑う結果が出ている。
 しかし2003年11月号の英国「エコロジスト」誌で報じられた以外は、いまだに
 大きなニュースにはなっていない。
 
                     超不都合な科学的真実より 一部抜粋、引用、要約

 
●関連リンク

電子レンジ調理の隠された危険
http://ww4.enjoy.ne.jp/~macroway/reg/evi/microhaza

電子レンジの電磁波は強烈
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/11010

電子レンジの危険性
http://www.lifesupprt.com/kyoum/kyoum_03.htm

電子レンジの危険性─インターネットから拾い読み
http://shalomochan.jugem.jp/?eid=754


電子レンジクッキング、あるいはオール電化の家に住んでいる人とガンの関係を
調べたら、興味深い結果がでるだろう。が、こんな研究は、ここ日本ではまず
許されないと思う。(HPより引用)


●HPコメント抜粋(その他)

@温めて飲む漢方薬を処方された時に、「電子レンジで温めると成分が変わるので、
 使用しないように」と先生から言われました。


A「健康を害するものを政府が認めるはずない」と信じるのなら、電子レンジの使用
 を続ければいい。でもね、電子レンジで調理した食品の安全性のチェックなんて、
 国は一切やっていないし、これからもやらないでしょう。
 発ガン性が確認されても、健康を確実に害すと証明されている成分が入っていて
 も、特定の業界を守るために禁止に踏み切らず野放しにするケース、いくらでも
 あるんですから…。
 政府はあなたの健康を守ってはくれません。あなた自身が賢くなり、自分、そして
 家族の健康を守るための判断をしてください。
 (→同感です。自分の身は自分で守るしかない)


・・・    ・・・    ・・・    ・・・


長くなりましたが、以上です。

この他、いろいろな意見があると思います。
実際、野菜をゆでるより、電子レンジでチン!した方が、栄養がこわれないと
耳にしたこともあります。素材や素材の組み合わせにより結果が違ってくることも
あるのだろうなとも思います。
しかし、それよりも私が怖いなと思ったのは、「そのマイクロ波の放射により食物の
分子を破壊・変質させ、自然界には存在しない複合物質(放射性分解による複合物質)
を生み出す。」という部分です。
加熱(電子レンジに限らず直火で焼いたり茹でたり炒めたりも含めて)により栄養素
は多少こわれるものだと理解していますが、しかし、自然界には存在しないまったく
別の物質が形成される、というのは全く違うレベルの話です。それが体にいい物では
なく、有害物質とされ世界で研究者たちが声を上げ始めているのです。
じゃあ、なぜ政府は何もしないのか??
利権がからむからでしょう。上記のコメントAと全く同感です。

防ぐのは簡単です。
電子レンジで調理した食物を食べないこと。
外食の際もなるべく電子レンジを使うようなところは避けたいですね。










posted by えこたん at 14:53| Comment(1) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

化学物質は子宮へたまる 〜全ての女性へ〜

先日、友人が話していたこと。
「ジメチコンという化学物質があってほとんどのシャンプーに入っている
のだけれど、子宮に残留するって話を人からきいて、私は絶対にイヤだ
と思って化学物質の入ってないシャンプーを使ってたんだ…」

えぇ!!ジメチコン?!
子宮に残留?!

私は初耳でした。

「じゃあ、ロ○シタンにも入ってるのかな?」
私は驚きと落胆まじりに友人にききました。
「う〜ん、入っているかもよ。」

実は私は髪の悩みがあり、小さなボトルが何千円もするロク○タンの
ファイブハーブス、リペアリングコンディショナーを買ってからまだ
日が経っていなかったからです。

ウチに帰ってラベルを調べて見ると、水、ジメチコン…と成分表の
2番目に書いてありました。水の次に多く含まれてるってこと?!
ネットで調べて見ると、サラサラになるのは、その時だけで、使えば
使うほど、髪にも地肌にも悪い。そして子宮にもたまる…と書いてある。


090722_1952~01.jpg

↑字がちいさくてごめんなさい。

ロク○タンは自然派なイメージで値段も高い。何百円のモノとは違う。
体に良いものを…と思ってわざわざ購入したのに…。

ロク○タンにジメチコン使用と返品について、メール問い合わせをして
みると、「ジメチコンについては国の基準は守っている、返品については
レシート有無で支店と要相談」とのことでした。
国の基準は守っている…そう言われてしまっては返す言葉もない。
消費者の体のことは考えていない。考えていたら、こんな商品は作らない。
ロクシ○ンに対するイメージがガラリと変わってしまった。


以下参考リンクです。(文章はサイトから抜粋)↓


☆−− Feel Good Time−−☆
http://blog.livedoor.jp/discovery1027/archives/51231107.html


女性はこれらの化学物質を子宮で吸収し
男性は肝臓で吸収するようです。

男性は間違いなく禿げるでしょう。
染色体異常
女性は子宮筋腫や子宮癌、子宮内膜症しいては
生理痛などもこれに関係してくるようです
(ブログ内でおススメのシャンプー紹介あり)



ゲルお客様からよくある質問
http://www.e-net.or.jp/user/kasagi/gel/gel_q_a.html


30年ほどまえ、化粧品の安全性が社会問題化した時期がありました。当時は、
精製度の低い石油化学成分が肌にダメージをあたえるというもので、かなり深刻
な状況だったようです。現在は当時とは逆に精製度が上がり、化学成分が皮膚の
細胞をとうりこして体内に吸収されるという危険性があるようです。

(ある医学部の教授によると、献体解剖で子宮を解剖すると、香水のようなあま
いいい臭いがすることがあるそうです。この話をきいてゾクッとしましたが、女
の人は生理的に子宮に栄養もしくは、いろんなものを貯めていくようになってい
るようです。)→ということは、そこで育つ赤ちゃんは???



http://www.acces-navi.com/silicon.htm


成分表示というのは、多く配合されている順に書かれています。
キャッチコピーに有効成分○○配合と大きく書かれていても、成分表示には下の
ほうに表記されていれば、その配合量は微量だということです。(1%以下であ
れば順不同で表記されています。)
ジメチコンなどのシリコン剤の表記が上位にあれば、その製品においての配合量
は多数を占めているというわけです。
最近では「シリコン配合」と書くメーカーは少なくなりました。
特に美容業界ではパーマやカラーへの悪影響から「シリコン」というイメージが
良くありません。美容師さんの中には「シリコン」という言葉にアレルギーさえ
覚える人もいらっしゃいます。
ところが使っている商品を見ると、しっかりシリコン配合の商品があるのです。
何故かと言うと「ジメチコン」や「シクロメチコン」と成分表示に小さく書いてあ
るため解らないのです。美容師でさえ解らないものを一般の人はなおさら気がつ
くわけありません。


http://j-media.gr.jp/aim/contents/newpage2.html


そのサラサラの落とし穴をご覧ください。
全成分表示上位に入っているものは特に注意が必要です。




http://www.ttd1.net/category008hyo.html


化学物質の害



・・・    ・・・    ・・・    ・・・


もっと早く知るべきでした。
まあ、ロク○タンのコンディショナーを開けたばかり…と言うのは
幸いだった?!と思うべきなのでしょうか?

それにしてもゾッとします。
1人でも多くの女性に読んで欲しいです。




posted by えこたん at 01:22| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康に生きたい人へ 〜カテゴリー作成にあたって〜

今から約10年前、スペイン・セビジャへ留学した時のこと。

スペイン語の授業で先生から質問されました。


「恋愛、健康、お金、この中の一つだけを選ぶとしたら、どれを選ぶ?」


(確かアイスランドから来た)男の子(アイスランドはいつもどんより
していて嫌いなのだそう。なので青空まぶしいスペイン・アンダルシアへ
来たらしい・・・)は「恋愛」を真っ先に選びました。
ん〜、ロマンチック!!若いしなぁ(まだ10代?)恋愛中だったのかな
と思いました。


私は健康を選びました。
健康であるからこそ、他の二つを享受し幸せになれる可能性がめいっぱい
広がるからです。

単なるスペイン語の授業でしたが、とても大切なことです。
健康あってこそ!!

これから重大な健康に関連する記事をこのカテゴリーで書く予定です。
よろしくお願いします。




posted by えこたん at 00:38| Comment(0) | 健康に生きたい人へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。